敏感肌の方でも使える白髪染め剤の選び方

白髪染め > 敏感肌の方でも使える白髪染め剤の選び方

敏感肌の方でも使える白髪染め剤の選び方

敏感肌の方は、白髪染めの成分で頭皮に炎症などが起きてしまう場合もあります。

 

白髪染めには比較的刺激の強い成分が使われている場合もあるので、敏感肌の人はきちんと成分を確認してから白髪染めを使用することが不可欠なのです。

 

敏感肌でも比較的安心して使うことができるのは、天然素材が用いられている白髪染めでしょう。

 

天然の成分は肌への負担が少なく、肌が敏感な方でもトラブルを起こしにくいと言われています。

 

もちろん人によっては天然成分を使った白髪染めでも肌トラブルを起こしてしまう方もいるので、白髪染めを使う前には腕の内側などでパッチテストを行うことを忘れてはいけません。

 

天然成分が使われている白髪染めの場合、強い薬品が用いられている白髪染めよりも髪が染まりにくいこともあります。

 

しかし最近は天然素材の白髪染めでもしっかり染まりやすい製品もたくさんあるので、使う前に評判を調べておけば大丈夫でしょう。

 

市販の白髪染めのパッケージには、配合されている成分が記載されています。

 

成分表示をきちんと確認して、肌に負担が大きい成分が使われていない製品をしっかりと選びましょう。

 

以前市販の白髪染め製品で肌トラブルを起こしたことがある方は、その製品に含まれていたのと同じ成分が使われている白髪染めは使わない方が無難です。

白髪染めをする時は説明書をよく読むこと!

 

白髪があると、自分がものすごく老けてしまったような気がします。

 

実際白髪があってもおかしくない年齢なのですが、まだ「老い」を認めたくないという気持ちがあり、1本白髪を発見しただけで気分が落ち込んでしまうこともあるのです。

 

ですから白髪は目立たないうちに何とか染めてしまいたい、なかったことにしてしまおうと白髪染を使うわけです。

 

でもいきなりしっかり染めてしまう白髪染めには抵抗があったので、最初は白髪用ヘアマニキュアを使っていました。

 

本数が少なかった時はこれでも大丈夫でしたが、白髪が増えていくにつれ物足りなさを感じるようになりました。

 

そこで、先日初めて一般的な白髪染めを使ってみました。

 

仕上がりはヘアマニキュアとは比較にならないくらいしっかりと染まり、色味も気に入りました。

 

ゴワゴワした手触りになってしまうのは仕方がないことだと聞いていましたから、後で念入りなケアをしようと思っていたのです。

 

でもその他にも、私の場合頭皮に刺激を感じ、それが数日続いたのが気がかりでした。

 

薬剤で髪の色を変えるわけですから、やっぱり刺激のあるのは当たり前なのでしょう。

 

白髪染めの度にこんな風に我慢しなければならないのかなと、すでに白髪染めのベテランになっていた知人に愚痴をこぼしたら、意外なことを言われてしまいました。

 

それは、もしかしたら危険かもしれないということでした。危険だなんて「かぶれ」や「かゆみ」でおおげさな、と思いましたが、これは本当でした。

 

一般的な白髪染めにはアレルギーを起こすような成分があるのだそうです。

 

場合によっては症状が重くなることもあるので、用心のため最初に使う時はパッチテストを行うようにと説明書にもしっかりと書いてありました。

 

幸い、私はテストをしても反応しなかったので大丈夫みたいですが、白髪染めも説明書をよく読むことって大事なんだなと改めて感じました。