美容室のような仕上がり!自分で上手に白髪染めするコツ!

白髪染め > 美容室のような仕上がり!自分で上手に白髪染めするコツ!

美容室のような仕上がり!自分で上手に白髪染めするコツ!

美容室に行く時間がなく、自宅で白髪を染めたい…という人は多いと思います。

 

しかし、自分で染めようとすると後ろ側が上手くできなかったり、ムラになってしまったりと、とても難しいですよね。

 

そこで今回は、白髪染めを上手く行うコツをご紹介します。

 

 

●放置時間を調整する

 

白髪染めのパッケージには、白髪が染まるまでの目安時間が書いてあります。

 

しかし、人によって髪質や髪の太さは違うので、自分の髪に合わせて調節しましょう。

 

髪質が硬い、もしくは太い人は染まりにくいので目安時間よりも10分から15分程度長めに放置すると良いでしょう。

 

髪質が柔らかい、もしくは細い人は染まりやすいので、目安時間からプラス5分くらい放置すると、綺麗に染まります。

 

 

●アイテムをプラスして浸透力を高める

 

白髪染めは、温度が高い方が色が入りやすい性質を持っています。

 

全体に白髪染めを塗った後、サランラップを巻いて頭皮を温めると、より色が綺麗に入るようになります。

 

また、室温が低いと色が入りにくくなってしまいます。

 

泡を塗るタイプの白髪染めは、温度が低いと泡立ちません。

 

冬や夏場のエアコンの効いたところで白髪染めを行う場合には、注意してください。

 

 

●白髪染めをたっぷり使う

 

髪が短いからといって量を節約してしまうと、綺麗に染まりません。

 

髪の長さや量に合わせて、たっぷり白髪染めを塗るようにしましょう。

 

これらのコツを守れば、自分でも美容室のように綺麗に白髪染めができるようになりますよ!

 

自分で白髪染めを行う際には、ぜひ実践してみてください。

白髪染めをしたい

 

私は若いころから白髪が多かったため、帽子を被っていることが多くなりました。

 

白髪染めをすれば良かったんですが、白髪の数が多くて、周りの人間におかしいと思われるのも嫌だったので、白髪染めをすることはありませんでした。

 

私が初めて白髪染めをしたのは、高校の入学式です。

 

私はあえて同じ中学校の同級生が誰もいない高校へ進学しました。

 

理由は白髪染めを不審がられたくないからです。

 

白髪染めをしたことで、性格が明るくなって友達がかなり増えました。

 

色々とあって彼女もできました。

 

月に1回必ず白髪染めをしていたので、母はかなりの出費をしてくれたいたんだと思いますね。

 

社会人になってからも白髪染めを続け、今は結婚もしています。

 

ようやく白髪が生えてもおかしくない年齢になったので、そろそろ白髪染めを辞めようかなと最近考えています。

 

妻には結婚前に白髪が多いことを話していたので、別に気にする必要はなかったんでけど、白髪染めをすることが、日常生活の一部と言えるほど習慣になっていたので、なかなかやめることはできません。

 

息子が将来若白髪で悩まないかどうか心配な気持ちはありますが、もし若白髪が生えてきたら、迷わず白髪染めをさせてあげたいと思っています。